- スタッフ紹介 -

プロフェッショナルとして意識の高い人が集まるフィールド

東京共同会計事務所で働いているスタッフを紹介致します。

スタッフ紹介 一覧に戻る

  • 人事キャリアをどこで実現するか、人事への期待が高い職場を選んだ

    • 田邉 健一 (たなべ けんいち)

      その他専門職

      アドミニストレーション部

      • 1995年 東京農業大学 卒業
        1995年 株式会社豊島園 入社
        1999年 株式会社データシステム 入社
        2001年 ユナイテッド・シネマ株式会社 入社
        2008年 ネットアップ株式会社 入社
        2014年 西濃シェンカー株式会社 入社
        2017年 東京共同会計事務所 入所

    代表の人事への期待、一緒に働くメンバーの考え方に共感し、入所を決定

    職歴3社目以降の約15年間は、外資系企業に勤務しており、外資系特有の考え方の中、従業員数10,000名超のグローバル企業の人事部門で経験を積んできました。そのような中、今後のキャリアパスとして、改めて、フロント部門と目線が合う立ち位置に戻り業務に取り組みたいと考え、以下の点に重きを置き、転職活動をしていました。
    (1)意思決定・伝達がしやすい社員数規模(150名位)であること
    (2)単体で意思決定が出来る事業体であること
    (3)バック部門の人員数が充足していること(日常業務だけでなく、常に次へのチャレンジができる人員数があること)
    未経験であった会計事務所でしたが、もともと様々な業種の人事部門経験があったため、業種のこだわりはありませんでした。その一方で、東京共同会計事務所の人事部門のメンバーの考え方、代表のアドミニストレーション部の期待に、とても共感ができ、入所を決めました。

    リーダーとして、制度の改善・新設等、人事分野のサポートに従事

    人事部門のリーダーとして、チームメンバーと人事制度の改善・導入等を行いながら、所員の方々が働き甲斐のある職場環境、且つ事務所にとってもより良い環境であり続けるため、人事分野からのサポートに取り組んでいます。

    中途入所の方にも、期待し、仕事を任せてくれる職場です

    当初はメンバーとして入所する予定でしたが、入所前のミーティングを通してリーダーとしての入所に変わった際には少し驚きました。が、決めるとなったら意思決定が迅速である事務所であるのも、好印象でした。
    また最終面接時に「“おっさん”を採用したい」と代表に言われたことも、言葉の表現とは逆に好印象でした。人事制度等を変更していくにあたり、経験がある人材に新しい風を吹かせて欲しいとの意図があり、その点からも、中途入所者への期待を感じることができました。

    変化の速い時代、「人材」を「人財」にできる、人事のスペシャリストを目指して

    わずか20年の間でも、ITの発達等により、労働環境・業務処理スピード・世の中の仕組みは、急激に変わってきており、今後もより一層の変化があると思っています。
    どの業種・職種においても、その変化の流れは変わらず、人事を担当する者としては、これらの変化に耐えられるような体制・制度などを常に考え、取り組みながら、「人材」を「人財」に変化できるような経験を積んでいきたいと思っています。

    応募者の皆様へのメッセージ

    キャリアにプラスとなる様々な経験を皆様が積めるように
    人事担当としての経験から、大凡の方は「中堅規模の企業は、日々忙しい。」というイメージを持たれていると思いますし、実際、そのような企業が多いと思います。しかし、そのような企業での就業は、その分に様々な経験を得られ、キャリアパスとして今後に生かせる機会も多いと思っています。
    また、巷で言われているように、今後は、単純な業務は自動化が進み、よりレアな経験・知識などは重要視されてくるとも思っています。また、コミュニケーション力も重要なファクターになると思います。
    皆様が新たな経験を積み、より良いプロフェッショナルになれるよう、管理部門の我々も、精一杯サポートさせていただきます。

スタッフ紹介 一覧に戻る

代表パートナーメッセージ

  • 内山 隆太郎(うちやま りゅうたろう)

    公認会計士・税理士

    東京都出身、慶應義塾大学卒業後、中央監査法人入所。
    中央クーパース・アンド・ライブランド国際税務事務所を経て、1993年、東京共同会計事務所を開業。以後、ストラクチャード・ファイナンスやそれに係る会計・税務分野の第一人者として業界を牽引。