-  » 社内制度 -

所員一人一人のスキルアップやワークライフバランスを実現するために、また、働きやすい職場を提供するために、東京共同会計事務所が設けている社内制度をご紹介致します。

スキルアップ

社内研修制度

東京共同会計事務所では、各部門で定期的に宿泊研修、新入所者向けの研修などを行っています。外部の専門家を交えて行われる宿泊研修は、国税当局 OB、法律専門家、外部大手会計・税務事務所のパートナークラス等が参加して論戦が行われ、心地よい緊張感の中で高い技術を磨くことができます。
また、所員が講師を務める勉強会なども積極的に行われており、個々の知識や経験を共有しています。

社内研修制度の様子 社内研修制度の様子

外部研修制度

事務所が承認した外部のセミナーについては、参加費用の90%を事務所が負担しています。
また、半年に一回、参加費用を事務所が全額負担する制度もあります。

ライブラリー

ライブラリー

東京共同会計事務所のライブラリーでは、会計・税務・法務に関する幅広い分野の書籍・雑誌を揃えています。蔵書は図書専用システムで管理されているため、約10,000冊の蔵書の中から必要な本をすぐに検索でき、貸出状況も把握できます。

書籍購入・支給制度

ライブラリーの蔵書…毎月、各部門の担当者が選定した新刊書籍を購入し、ライブラリーに保管しています。その他、全所員が必要な書籍を申請することができます。
個人用の法令集…事務所が指定した法令集の中から、所員が選択した法令集が所員個人個人に支給されます。

外部語学講座 補助金制度

所員の語学力向上を支援するため、外部の語学講座(英語・日本語)を受講する際に、事務所から補助金が支給される制度です。一定の条件を満たした学習結果に対して支給されます。

ワークライフバランス

ファミリーデー

ファミリーデーの様子

東京共同会計事務所のファミリーデーでは、所員の家族を事務所に招待し、ランチ交流会、職場見学の他、子供たちには代表パートナーとの名刺交換などを体験してもらいます。日々所員を支えてくれる家族に職場への理解を深めてもらうとともに、同僚との交流を図り、家庭を大事にする職場の雰囲気作りを目的として開催しています。

残業時間振替制度

残業をした場合、残業時間を通常勤務時間に振り替えて時間単位で代休取得が可能です。

リフレッシュ休暇制度

事務所が所員に年一回、連続5営業日以上の休暇の取得を促す制度です。
家族と旅行にでかけたり、普段できないことに取り組んだり、長期間の休暇ならではの過ごし方をすることで、心身をリフレッシュしてもらうことを目的としています。

産前・産後休暇・育児休業制度の活用

産休・育休制度は、2011年から4年間で26名が申請し、全員が取得しております。
また、2015年6月1日現在で、復職予定者を含め24名が復職。復職率92%と非常に高い数字となっており、ライフステージに合わせながら、より長く勤務される女性が多くいます。

臨床心理士と産業医による心のケアとカウンセリングサポート

長く勤務する中では、体の不調や、心が不安な状態が起こる可能性があります。上長への相談はもちろんのこと、産業医の面談サポートに加え、臨床心理士とも契約し、体の不調や心の不安を取り除けるようなカウンセリングサポートを行っています。

職場交流

ランチ交流会

年1回、派遣スタッフを含む全所員にランチ会を開催するための補助金が支給されます。
ランチ会のメンバーは、1チームあたり4~5人で、全所員の中からランダムに選ばれ、仕事では交流が少ない部署間でも、垣根を越えてコミュニケーションを図ることができます。

東京共同会計事務所 OB・OG 会

OB・OG 会の様子

OB・OG 会は、OB・OG 会員相互の親睦を図る場として、また事務所と OB・OG を繋ぐ交流の場として、2013年に発足しました。2014年には、第1回懇親会が開催され、たくさんの OB・OG が参加し、大いに盛り上がりました。
今後も定期的に懇親会を開催していく予定です。